美肌の悩みは輝くおでこが羨ましいことだった

2月 17, 2021 スキンケア

カサカサの私のおでこ、鏡で凝視すればするほど、気になる横線の数々。「おでこって、こんなに横に線が入るものかしら?あら?まるで、長方形のビスケットを横に縦に並べたように、皮膚の細胞ひとつひとつが見えるようだわ……」なんて、とぼけてみてもそれは現実の話です。

モイスポイントの最安値通販は?効果と私の口コミをレビューします!

いつから私の肌は、こんなにも潤いや輝きを失ってしまったのか。そう悩み始めたのはつい先日のことでした。たまたま、私の横を下校途中のJK、女子高校生がすっと通り過ぎのです。ほんの一瞬、でも、その一瞬は私にはまるで、スロー再生のように見えるくらい、彼女たちはかがやいていました。特に、おでこ。

まぁ、艶めかしいこと、この上ない美しさに思わず、視線は釘付けでした。夕陽が反射して、まるで、自ら発光しているような輝きに思わず、そりゃ、私、3歳だし、あの頃の輝きはないよねって落胆しちゃったんです。でも、時間が経てば経つほど、がっかり、羨ましいという気持ちは一変したのです。

今の年齢からだって、努力したら輝きは取り戻せるのではないか、かつて高校生だったあの頃の自分よりも輝く肌もおでこも手に入るのではないかと思ったのです。

今は、まだ肌の変化はありませんが、体質や生活習慣を見直したり、保湿のケアをしたりのトライアンドエラーで、羨ましいツヤツヤおでこを手に入れたいと思っています。

投稿者: kyousinkai