カテゴリー: ペット

愛犬のゲージの選び方

愛犬のゲージはどれを選べばよいか迷うのではないでしょうか。ゲージの選び方について簡単に紹介します。

評判通り?Ta-Ta(タータ)の本音の口コミと愛犬の健康効果をこっそりレポート!

まずゲージとサークルで迷うのではないでしょうか。ゲージもサークルも犬の居住区移管を区切るという意味では類似していますが使い勝手がことなるのでその特徴につて紹介します。

ゲージとは一般的に床と屋根が付いたタイプです。作りが丈夫で飛び出す心配がありません。また屋根のある空間に慣れさせるという意味でも有効です。ただし掃除などする時に屋根を外さないといけない手間がかかります。

次がサークルです。金属製の柵をパーツでつないで設置するタイプが一般的です。部屋の形状に合わせて組み立てたり、犬の成長に応じて拡張できます。どちらを使う場合でも「フセ」の姿勢がゆったりと出来立ち上がって方向転換できるものを選びましょう。

これにクレートを使えば安心です。ゲージやクレートの中に寝床とトイレを用意するのが一般的です。クッションやマットを用意する場合がありますがクレートを活用すれば万全です。クレートの中でおとなしくすることに慣れていれば車や電車で飼い主と一緒に旅行が出来たり、災害時にクレートに入って避難出来たりというメリットがあります。

ゲージとサークルは特徴を理解して選んだ方が良いかも知れません。

我が子のような愛犬ちわっw

私は現在28歳ですが、愛犬のチワワは我が子のようにかわいいです。http://www.jiag.info/

この子を迎えて数年経ちますが、親バカぶりは日増しします。毎日、可愛い仕草やポーズをとると、携帯のカメラで何枚も撮ったり、動画まで撮影し、それらのデータをきちんと保存するために携帯の契約を変えてしまったほどです。
また、犬用のおやつやお弁当なども買い与えてしまうほど、我が愛犬には甘いです。

ここまで愛犬に心が惹きつけられるのは自分が抱えている寂しさも関係すると思っています。日常的に孤独を抱え対人関係が苦手な私にとって、私が帰宅すると駆けつけてくれて、外出する際にはドアまでついて来てくれる愛犬の存在は大きいです。

また、ソファーに座っていると、近寄って来て、撫でてあげると気持ちよさそうにしてうとうとする姿にも、癒されています。言葉は通じなくても互いに求め合っていることや愛情が伝わってくるからです。

私は愛犬が自分や家族には懐いているけど、他人がうちの子の名前を呼んでも反応しない姿なんかを見ていると、改めて愛犬との信頼関係を確認できます。ただ悩みもあり、トイレの躾がうまく行かないのが困っています。

室内自由に歩かせているので、家が大変なことになってしまいます。可愛い我が子ですが、トイレ指導は少々厳しく行おうと思うこの頃です。