痛さと色もちのトレードオフ

12月 20, 2020 白髪

40代を迎え、全体的に白髪が気になってきたのですが、毎回がっつり美容院で染めるほどの白髪量ではありません。http://orensanzfortheartsnyc.org/

そこで、毎月1回ほど、市販の白髪染めで自分でお風呂場で染めています。色々な市販の白髪染めを試してみたのですが、一つ気が付いたことがあります。

それは、「しっかり染まり、色もちが良い白髪染めは、頭皮に痛みを感じやすい」ということです。髪や地肌に優しいと言われている植物性のヘナを試してみたところ、確かに染めているときに頭皮に痛みはないのですが、2週間もすると色が落ちてきて白髪が目立つようになりました。

泡カラーが一番むらなく染めることが出来るように思うのですが、その代わりに染めて色が浸透するまで待つ間、頭皮に痛みを一番感じるように思います。

頭皮の痛みと色の持ちはトレードオフなのかもしれないとおもっています。頭皮が毎回痛いのは悩ましいところですが、いくら頭皮や髪の毛に優しいからといって、使い心地がマイルドではあるけれども色もちが悪くて頻繁に染めるのも髪や頭皮にあまり良くないような気がしています。

結局自分で染める時に、どのような市販の白髪染めを選ぶのが一番良いのか悩んで色々と試しているところです。

投稿者: kyousinkai