口臭予防に効果的!3つのオーラルケアを心がけよう!

4月 28, 2021 口臭

自分の口臭が気になって、他人と話すときにヒヤヒヤした経験はありませんか?

他人と会話したときに、他人の口臭が漂ってきて、不快な思いをした経験はありませんか?

口臭は人とのコミュニケーションを妨げる厄介なものですね。

http://dersender.org/

口臭を防ぐ基本は、オーラルケアをすることです。

オーラルケアといわれて、特に大切なのは歯磨きでしょう。

歯磨きはほとんどの人の習慣になっていて、1日に最低2回は歯を磨いている人々も多いのではないでしょうか。

オーラルケアは歯磨きだけではないのです。

歯磨きにプラスしてできる口臭予防のケア方法について3つご紹介します。

1.デンタルフロスを使う。

デンタルフロスは、歯ブラシでは届かない歯の隙間の汚れを落としてくれます。歯の隙間に、食べかすや汚れが詰まった状態を放置すると口臭の原因になります。デンタルフロスで歯の隙間の汚れを落とすことは口内を清潔に保つことができます。仕事や家事、子育てと多忙な1日を過ごす人々も、1日数回の歯磨きのときに、1回はデンタルフロスで歯の隙間のお掃除をするようにしましょう。

2.歯磨きの後に洗口液を使う。

洗口液には、殺菌作用の含まれたものがあります。洗口液に含まれる殺菌作用のある成分が口臭の原因となる菌を殺菌するため、口臭を防ぐ役割をしてくれます。特に、夜寝る前の歯磨きで洗口液を使うことをおすすめします。睡眠中は日中の活動時に比べて、口内の唾液の分泌が減ります。これによって、口内の細菌が繁殖しやすくなります。口内の口臭の原因となる菌の繁殖を防ぐために、寝る前に歯磨きをした後に洗口液で口をすすぎましょう。

3.歯医者で定期検診を受ける

歯医者さんでの定期的な歯のクリーニングを受けましょう。日常のオーラルケアでは落とすことのできない歯の汚れを歯医者でケアすることは口臭を防ぎます。歯周病を早期に発見したり、虫歯を早く治療することも口臭を防ぐうえで大切です。お口の中の健康状態をこまめにチェックすることが、口臭を防ぐ役割を果たしてくれます。

歯磨きにプラスした様々なオーラルケアや歯医者の定期健診を受けながら、口臭予防に努めてみてはいかがですか。

投稿者: kyousinkai