「髪」に絶対はない!

12月 17, 2020 育毛

身近な親族に薄毛はおらず、自分には薄毛は関係ない、むしろ量が多すぎるのが悩みだぐらいの勢いがあったころが懐かしい…。「自分はハゲる訳がない!」という絶対的な自信がありました。

ニューモ育毛剤

ただ、以前からM字部分に関しては少し気になっており、近頃は髪の毛の伸び具合も遅くなってきた感があり、加齢による衰えが出てきたかなという捉え方をしておりました。
それがこの1年ほどでかなりの量の毛が抜け、特にM字部分がはっきり後退してきてしまいました。事ここに至り、現実から目を逸らすことができないほどに進行してきたので、思い切ってAGAの専門クリニックに行ってみることにしました。

恥ずかしい気持ちはありましたが診療の予約はネットで済みましたので、まずは第一関門をクリア、次はいよいよ直接診断へ。いざ診療所を訪れたところ、室内の作りが思ったより簡易的な印象を受け、ここで若干の不安が…。ただ、受付の女性の方は丁寧に出迎えてくれ、問診票などの案内も感じの良いものでした。
次に個室へ通され、別の女性の方に頭皮の状態チェックをしていただき、画像を見ながら説明を受けました。やはりAGAの症状が進行しているとのことで、治療についての説明があり、抜け毛の進行を止めること、新たに発毛させることの2本立ての治療コースの案内があり、値段の提示もありました。

ここで引っかかったのは、治療コースの案内が、かなり営業的に感じてしまったこと。あちらも商売ですから、できるだけお値段の張るコースを取らせたいというのは分かります。こちらもある程度はかかることを承知で行きましたが、それでもしっくり来ず、その場で治療の申し込みはせずにお勧めのシャンプー1本だけお買い上げして帰宅しました。
結局、今はそのシャンプーと育毛スプレーとサプリで何とか進行を食い止めようと悪あがきをしていますが、どこまで持つか…。何とか薄毛治療代を貯めなければと焦る毎日です。

投稿者: kyousinkai